アクセスカウンタ

<<  2006年10月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


カックロ清書

2006/10/28 23:53
ありがたくも今年もカックロのペンパ本用の依頼をいただき,無事提出できた。ということで,自己ボツ作品を1問提供。
画像

つい単純な規則的配置の枠で作りたくなってしまうのだけれど,そうすると解け方も単調になってしまいがちで,これはその点の失敗例。手直しが効かないこともないとは思うけど,すでにノルマは達成できていたのでこれはいいことにした。

カンペン版はこちら

そして,印刷用VML版はこちら。Internet Explorer で見てね。

VMLの生成には宮岡さんによるスクリプトを無断で改造して使用している。カックロ以外にも,ニコリのウェブサイトに載ってるほとんどの種類のパズルについてのXMLフォーマット案とVML表示例が作成されている。すばらしい。

大抵の種類はExcelなり,あるいはテキストエディタなりでもそれなりにきれいに印刷できるけれど,カックロに関してはそう簡単にはいかないから,これだけきれいな印刷出力を得られるのは本当にうれしい。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


連続発破 保管庫

2006/10/25 23:14
はっぱさんが 連続発破 保管庫 でカンペンを使ってパズルの出題をされていて,おまけにLITSとごきげんななめとクリークのプレイヤーを作られている。

早速わたしも一問,と言えればよいのだけれど,この辺の新しいパズルにはなかなかついていけていないのが実情。後の2つはルールもきちんとは覚えてない。

playerについてちょっとだけ感想を書くと,操作方法を,
左クリック:黒→白→空
右クリック:白→黒→空
とするのがよいか,
左クリック:黒←→空
右クリック:白←→空
とするのがよいか,どちらも一長一短あって結論は出ないと思っているけど,あっさり両方のやり方を提供しているのは好感が持てる。

筆箱については,対応種類を増やすのはそれほど優先順位を高くおいてなくて,そのうちほかにすることがなくなったらやろうというくらいのつもりでいたのだけれど,需要があるようなら予定にいれようかしらね。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


天体ショー1

2006/10/21 15:28
ニコリのペンパ本「天体ショー」が出た。自作の掲載は10x10の1問のみ。実際,どうもいまいちだったと思うので仕方ない。絵は母に描いてもらったのだった。

英語名は Tentai Show かあ。(Tenai Show って大きな字で書いてあるところもあるけど,きっといつものように間違い探しを楽しませてくれているのだろう。)Tentaisho かと予想していたけど,外れた。

PencilBoxでは,前身の version 0.3.1 までは tentaishow にしてたのを,ローマ字と英語の交ぜ書きなのが変かなと思って 0.3.2 から tentaisho に改めたのだった。どうしよう,次から tentaishow にしようか。

それ以外だと,Number Link は2語の分かち書きだけど,Slitherlink は1語なのか。前からそうだったけか。

そういえば,ニコリの中国語のページもできてるけど,中国語はちょっとかじったことがあるので,眺めてると楽しい。「架橋」とか「矢輪」とか,何かいいよね。「魔掌」って何だろうと思ったら,日本語でいうと魔手ってことね。

おまけでTentai Show でペンパに送らなかったものを。絵はむしめがねらしい。
画像
http://www.geocities.jp/pencil_applet/tentaisho.html?problem=10/10/.1......2.....1...1/.................../1.2.1.........2..1./.................../...1..1.2....1...../.................../...........2......./2...............2../...1...1..........1/.................../...........1......./....1............../..2.......1......1./.................../.......2......2...1/..1................/............1...1../1.........1.......2/..1....1........2../
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


PencilBox version 1.1.1

2006/10/14 17:43
前の記事 で報告した PencilBox version 1.1.0 で,重大な不具合を発生させていたので,修正版として version 1.1.1 がリリースされた。こちら。
不具合を指摘下さった方,ありがとうございます。

修正内容は,以下の点。
* カックロの問題入力モードで2桁の数字を入力できない不具合(version 1.1.0で発生)を修正した。

前回リリースでも重大な不具合を出したのだが,またやってしまった。あーあ。前回はファイル差し替えですませたけど,今回は素直にバージョン番号つけ直した。

これだけでは何なので,ついでにひとりとへやわけでヨコ1列またはタテ1列の盤面を作成しようとすると固まってしまうという,こちらは以前から存在したらしい不具合を修正した。修正したのはいいのだが,黒どこも含め,ヨコ1列またはタテ1列の盤面では黒マスによる盤面分断禁止の判定がされないようだ。まあ固まってしまうのに比べれば罪は軽いからいいや。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


PencilBox version 1.1.0

2006/10/09 22:51
ペンシルパズル・エディタ PencilBoxが更新された模様。

変更点の説明を書きます。

* [回転・反転]機能を改めた。 以前は盤面データはそのままで表示の際に一時的に位置を回転させているという方式であったが,盤面データそのものを回転するようにした。

言ってること分かりますでしょうか。以前は,盤面データの向きは固定で,表示するときにメニューの選択に応じてその場で回転したデータ表示をしていました。したがってデータを保存すると回転状態の選択によらずにもとの向きに戻っていました。今回からは,データ自体を回転させるようにしました。したがってデータを保存すると見た目通り,回転された後のものが保存されるようになりました。明らかに,以前の方が変わった考え方で,今度の方が普通の考え方だと思うけれど,なぜか作った当時は以前のやり方がいい思いつきのような気がしたのです。

* [複製]機能を追加した。

便利でしょ。

* 新しいフレームを開いたときに元フレームの設定を引き継ぐようにした。

これは当然そうあってしかるべきだったのが,ちょっと面倒で後回しにされていたもの。なお,設定をiniファイルに書き出して起動時に読み込むようにするというのも考えて,やり方の目処はついたのだけれど,諸事情あって今回は延期しました。

* 一部の種類について,[補助記号消去]の機能を追加した。

線なし確定の×印や白マス確定の○印を全て消去するということ。これで×印や○印を使いながら解いても,後から消してしまえば使わずに解いたふりができます。

* 一部の種類について,[対称配置]の機能を追加した。

これももしパズルの作成にも使えるツールだと主張するつもりならば,当然あってしかるべきでした。対称性としては点対称配置のみを考えていて,線対称などの追加するつもりはありません。

* 天体ショー,波及効果のマウス操作を変更して,通過した1マス単位で領域に追加したり領域から除いたりするようにした。

言葉では説明しにくいけど,やってみれば分かると思います。以前は一つの領域を一筆でかかないといけなかったので,天体ショーで大きくて複雑な領域を描くのは大変だったけど,今度は大丈夫。ただ領域の境界線を引くことができないので,その点でまだ天体ショーを解くのには不便かも。

* 美術館で[光線表示]の選択機能を追加し,デフォルトをオフとした。

あの線が消せないと投稿用の解答図面が作れませんよね。もっと早くやるべきでした。被照明マスに塗るかどうかもon/off切り替えられるようにしてもいいけど,そちらは色選択でもできるので。

* ヤジリンで数字マスと線の重なりを許さないようにした。また,黒マスと線の重なりを許すようにした。

前バージョンでちぐはぐになっていたので。黒マスと線の重なりを許すかどうか,迷うところではあるけれど。

* ヤジリンの正答判定で黒マスと線が重なっているときのチェックおよび連続黒マスのチェックが抜けていたペコンを修正した。

まったく,だれも教えてくれないんだから。

* その他,一部のメニュー項目の項目名と初期選択状態を変更した。

らしいです。

ほかにも細かいところはいろいろ変わってます。

これで,少しはましになったかな。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


夜のピクニック

2006/10/08 22:01
「夜のピクニック」を3週間前くらいに読んで,3日くらい前に映画を見て,昨日もう一回読んだ。

もともと恩田陸の類似の高校生ものとか歩きものの作品が好きだったから,これも気に入るはずという期待があったけど,その期待通りとても気に入った。

ひいきのキャラは,貴子さん。とろいとか鈍いとか言われてるけど,わたしはとろい人って好きだな。応援したくなる。自分もとろい方だと思うし。

映画の方は……。もともと心理描写が中心で,あまり映像化に向いているというわけでもないものね,あんなものかな。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ボツ箱

2006/10/01 23:17
2005年2月にニコリに投稿してボツになったものから拾ってみる。
このときはナンバーリンクと天体ショーを投稿したのだった。

ナンリンは1つがニコリ111号のどっさりの10x10のラスト,もう1つがMIX2の10x10のラストでちょっとうれしかった。前者は一見何の変哲もないのになぜか妙に難しい(と少なくとも自分では思った)という点でそこそこよい問題かと思っている。
下のはボツになったもの。要は数字5つの問題を作りたかったのだが,あまりうまくいっているとは言えない。
画像

http://www.geocities.jp/pencil_applet/numberlink.html?problem=10/10/._._._._._._._._._1_/._2_._._._._._._._._/._._._._._._3_4_._._/._._._._._._._._._._/._._._._5_1_._._._._/._._._._4_2_._._._._/._._._._._._._._._._/._._._._._._._3_._._/._._._._._._._._._._/5_._._._._._._._._._/

次は天体ショーのボツ問題で,絵は「けん玉」のつもりらしい。そう言われれば,分からなくもないというくらいか。
画像

http://www.geocities.jp/pencil_applet/tentaisho.html?problem=10/10/.1....2....1......./..................1/1.2.......2.1...1../........1........../.................../......1............/...1........1...1../2.............2..../...........2....2../..1...............2/....1............../.......1..2......../1.2................/.................../.....2...........1./..........1......../..2..........2..2../.................../1.....1...1....2..1/
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


<<  2006年10月のブログ記事  >> 

トップへ

牧羊伝説 2006年10月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる